不動産投資におけるCCRとは?

不動産投資において欠かすことができないCCRについて、いまひとつ理解ができないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回はCCRの基本的な考え方と目指すべき数値について以下の流れで解説していきます。


  • CCRは「資金回収期間を知るための数字」

  • ローンをたくさん借りた方がいい?

  • CCRの過信は危険! 年単位で見直しが必要!

  • POINT
    01

    CCRは「資金回収期間を知るための数字」

    CCRとは

    Cash on Cash Returnの略で、日本語では自己資金配当率と呼びます。

    もう少し分かりやすく言うと、自己資金に対しての利回りを示す数字です。

    またCCRが高ければ高いほど、投資効率が高い物件であるとも言えます。



    【CCRの計算式】

    キャッシュフロー÷自己資金×100 

    キャッシュフローとは実際に運営を行う上で、年間で手元に残る現金のことを指します。このキャッシュフローは、不動産ローンの借入額が多いほど少ない数字となり、CCRは大きな数字となります。文字だけでは分かりにくいので、実際に例を出してみましょう。


    CCRの計算例

    一億円の物件を、全額自己資金で購入した場合と、

    1,000万円の自己資金+9,000万円ローンを組んだ場合で比較してみましょう。

    前提として年間の純利益が500万円と仮定します。


    《全額自己資金で購入した場合》

      500÷10,000×100=5%


    《1,000万円の自己資金+9,000万円ローンを組んで購入した場合 》

    ローンの返済を年間300万円と仮定すると、キャッシュフローは純利益からローン返済額を引いた金額となります。

    (500-300)÷1,000×100=20%


    CCRは高いほど投資効率がよく回収率がいいということになるため、自己資金が少ない方がCCRは高く回収率がいいということが分かります。単純計算で全額自己資産の場合は資金回収まで20年かかり、ローンを組んだ方は5年で資金回収できるという計算になります。


    sample-02
  • POINT
    02

    ローンをたくさん借りた方がいい?

    CCRだけで見ると、ローンをより多く借りた方が資金回収期間は短くなるため、そういった面ではローンは借りた方が投資効率はいいと言えます。


    しかしローンを借りるということは借金をするということであるため、人によっては精神的な負担もとても大きく、見通しが甘く思っていた結果が得られなかった場合や、不測の事態が発生した際には、毎年のキャッシュフローが赤字になってしまう事もあります。


    また、借入が多ければ多いほど、総返済額は上がり、結果総収益は落ちる事になります。


    sample-02
  • POINT
    03

    CCRの過信は危険!将来の見通しが必要!


    CCRが高いから今の投資は順調だ!と過信してしまうのは大変危険です。

    CCRとはあくまで投資効率の目安で、レバレッジをかけて自己資金を押さえるのは不動産投資ならではの資産運用方法ですが、高めれば高めるほどハイリスクな運用になります。


    CCRの数値は空室が増えたり、家賃下落や設備故障などによる修繕費などが増えたりすることで変動していくものです。


    そのため、将来の見通しを立てて、適切な借入を考える事が必要になります。


    sample-02

【CCRは未来予測をして、新規物件は慎重に検討しましょう】


今回は不動産投資に欠かせないキーワードである「CCR」について解説してまいりました。いかがだったでしょうか。CCRをひとつの目安に、更に事業を拡大したいと考えている方もいらっしゃるかと思いますが、数値の大きさだけに囚われず適切な自己資金を考える事が大切です。

株式会社ダイムラー・コーポレーションのこだわり

将来を考えて挑戦したいお客様を横浜で後押しします!

確実に資産拡大を目指す不動産の売却を徹底的にサポート

老後2,000万円問題など、将来の様々な不安のために長期的な資産形成を今からでも始めたいとお考えの方はいらっしゃるのではないでしょうか。自宅で過ごす時間が増えて住宅の需要が高まっている今だからこそ初めての投資への挑戦をお考えの方や、訳あり物件や再建築不可、狭小地など一筋縄では難しい物件についてお悩みの方に向けて、お客様のご要望やお悩みに寄り添ったロジカルな提案を行ってまいります。

アメリカのプロパティマネジメント最高峰の資格である「CPM(米国認定不動産経営管理士)」「CCIM(米国認定投資顧問)」のほか、宅地建物取引士などの資格を取得している、不動産売却や資産運用のプロフェッショナルが徹底的にサポートいたしますのでぜひ気軽にご相談ください。

Access


アクセス

株式会社ダイムラー・コーポレーション(横浜本社)

住所

(横浜本社)

〒231-0015

神奈川県横浜市中区尾上町6-87-1

Google MAPで確認する
電話番号

045-680-6665

045-680-6665

フリーダイヤル

0120-14-6665

FAX番号

050-3588-4407

営業時間

10:00~19:00

定休日

水曜日

最寄り駅

JR根岸線・京浜東北線「桜木町」駅 徒歩5分/市営地下鉄「桜木町」駅 徒歩4分
JR根岸線・京浜東北線「関内」駅徒歩7分/市営地下鉄 「関内」駅徒歩5分
みなとみらい線「馬車道」駅徒歩8分

免許

宅地建物取引業 国土交通大臣(3) 第8111号
不動産投資顧問業 国土交通大臣一般 第1261号
小規模不動産特定共同事業者 神奈川県知事 第3号

代表取締役CEO

大村 昌慶

設立日

2007年11月1日

資本金

1,000万円

加盟団体

(社)神奈川県宅地建物取引業協会
(社)東京都宅地建物取引業協会
(社)全国宅地建物取引業保証協会
(社)首都圏不動産公正取引協議会
(財)東日本不動産流通機構
東京宅建政治連盟
東京都不動産協同組合
全国賃貸不動産管理業協会
一般社団法人 不動産テック協会

取引金融機関

三井住友銀行/りそな銀行/埼玉りそな銀行/三菱UFJ銀行/みずほ銀行
SBJ銀行/オリックス銀行/三井住友信託銀行/横浜銀行/東日本銀行/
静岡銀行/静岡中央銀行/千葉銀行/きらぼし銀行/第四北越銀行/大光銀行
関西みらい銀行/横浜信用金庫/多摩信用金庫/西武信用金庫/JAバンク

グループ会社

株式会社ダイムラー・エステート
事業内容:賃貸不動産管理事業・レンタルオフィス事業・保険事業
(旧社名:株式会社ディーフロント)
設立:2013年10月24日
Daimlar International Investment Limited
事業内容:海外投資事業・海外不動産投資事業

大岡川の近くに会社を構え、アパートやマンション、土地の売却や運用、投資、購入に携わっております。お気軽にご相談いただければ、お客様に寄り添いながら、ご希望やお困り事、お悩みを詳しくお伺いし、これまで培ってきた豊富な経験と実績でサポートいたします。

Contact

お問い合わせ

ご入力の上、次へボタンをクリックしてください。

お気軽にお電話でご連絡ください

045-680-6665
営業時間: 10:00~19:00
Address 神奈川県横浜市中区尾上町6-87-1